出会い系 セフレ 作るコツ

出会い系サイトでセフレを作るコツ【ブサメン流の作り方】

ブサメンでも出会い系でセフレを作ることは出来ます。私でも出来た方法・コツなどテクニックを書いていきたいと思います。

ホーム

出会い系で知り合った図々しいJDの友達とこっそり仲良くなった話

出会い系で遊び相手を探していたときのことです。ドライブに連れて行ってくれる人募集、と掲示板に書き込んでいる女性がいました。彼女の名前はIさん、20歳の大学生です。ピュア掲示板に書き込んであったので、エッチなことは期待できなさそうでしたが、顔はそこそこ可愛かったのでメールを送りました。

 

その日は返事がなかったので、ダメかと思ったのですが、翌日の早朝に返信がありました。気づいたのは午後になってからです。そこには「じゃあ今日の夜連れてってほしいなー」とありました。私はすかさず返信したのですが、これにも中々メールが返ってこない。

 

3時間ほどイライラしながら待って、時計も午後6時頃を回ったころ、ようやくメールが返ってきました。「今から○○に来てほしい」とのこと。ワガママな女だなと思いましたが、出会い系では男のほうが立場は下なので、仕方のないことです。私は彼女を迎えに行きました。

 

Iさんの見た目は写真とだいぶ違って、小太りと言っていいくらいにムチムチでした。そして驚いたのは、ドライブに友達を連れてきたことです。しかもそっちの子のほうが可愛いんですよね。

 

私は言われるままに召使のように彼女らの指定する場所へ車を走らせ、それを数時間続けました。帰る段になって、コンビニに寄りたいと言い出したIさん。車の中でIさんの友達とともに待っていると、彼女が「今日はすいません」と謝ってきます。どうやらこの子は性格が良いみたいです

 

私はLINEを交換し、今度は二人きりでドライブに行こうと約束しました。会うのが楽しみでなりません。

出会い系で知り合った綺麗めギャルのツルマンを心行くまで堪能した話

仕事で神奈川のほうに出張していたときのことです。恋人とも離れ、性欲が溜まりきった私は、悪いとは思いつつも出会い系サイトでセックスの相手を探しました。多少交通費を弾んでやることになったとしてもいいから、とにかくセックスがしたかったのです。風俗では基本本番はできないですからね。こういうときに出会い系サイトは重宝します。

 

そうしてしばらく探していると、ある女性がメールをくれました。その方のお名前はユウコさん、27歳のフリーターです。ホテルまで来てくれるというので、お願いし、その日のうちに私たちは会いました

 

ユウコさんは、遊んでいそうなギャルといった風のいでたちでした。私たちはルームサービスをとって酒を飲みながら話したあと、二人一緒にシャワーへ行ってイチャコラしながら体を洗い、その後ベッドに移って、さっそくエッチを開始しました。

 

彼女は体の隅々まで毛を綺麗に処理していて、美しい身体をしておりました。今まで見た女性の中でもいちばんかもしれません。特に性器周りが、陰毛が下腹部にちょこんとあるだけで、他はぜんぶ綺麗に処理されています。聞けば脱毛をしているのだとか。自分磨きを怠らない女の人はやっぱり魅力的ですね。

 

私はその綺麗な性器を舐めて奉仕したあと、馬乗りフェラチオからの生ハメセックスを堪能いたしました。視界を遮るものがないので、ペニスの出たり入ったりがはっきりと見えます。入り口の周りの肉がどれだけ柔らかく、いかにペニスを優しく包み込んでくれているかがわかり、興奮しました。最後はおなかにぶっかけ。

 

ユウコさんに会うためだけに神奈川行ってもいいかなと思う今日この頃です。

ハピメで出会ったミニマム巨乳女子に縞パン&ニーソ穿かせてヤッた話

顔はブサイクなのに何故か(?)スタイルの良い女性っていますよね。そしてそういう人こそ、セックスするだけなら一番興奮する部類だったりします。

 

このまえハッピーメールを使っていたところ、電話エッチがしたいと言っている子を発見しました。プロフィール写真を見るかぎりは、正直そんなに可愛くなかったのですが、ぎりぎり写った胸の谷間から、もしかしたら巨乳かもしれないと予測。メールを入れてSkypeを交換し、しばらく通話したのちにビデオ通話へ。

 

案の定、この子、ちっこいのに胸は大きく、体は細くてスタイル抜群、でも顔はブサイクという女の子でした。

 

そこから電話エッチをしたんですが、縞パンニーソという最強の組み合わせに、かなり興奮いたしました。彼女も気持ちよくなってくれたみたいで、私が「ねぇ本当に会ってエッチしようよ。お願い」と懇願すると、いいよと言ってくれました。

 

私は、当日その格好をしてきてくれと言い、待つこと一週間、ついにその日がやってきます。待ち合わせ場所に行ってみると、彼女は言いつけた通りに、ミニスカートにニーソを穿いてきていました。生で見るとおっぱいの迫力がすごい。身長は150もないのに、胸だけが異様に発達しています。

 

私たちは手を繋いでホテルへ行き、もう我慢の限界だった私は彼女を押し倒すと、足を開かせて縞パンをしばし眺め、そこに顔を埋めました。パイズリをしてもらったり、小さなお口で咥えてもらったり、本当にハピメを使っていてよかったと思いましたね。彼女とは今もセフレです。

ワクメで出会った地味め女王様の無限オナホコキに悶絶した話

ワクワクメールで出会った女の子に調教されちゃってます。その子の名前はHちゃん、26歳で、OLをしている普通の子です。見た目は地味で、恋愛に疎そうな顔をしているのですが、中身は正真正銘のド変態。しかも気弱に見えるのに攻め好きという、ギャップ萌えも甚だしい女王様であります。

 

私とHちゃんが会ったのは2ヶ月前のこと。彼女が自分の言いなりになってくれる人を探しているというので、メールをしました。彼女は写真を掲載していなかったので、すげぇブサイクだったらどうしようとハラハラしながら待ち合わせ場所へ。着いてみると、めがねをかけたいかにも地味な子が立っていたので、こりゃあハズレ引いたかと最初は肩を落としました。

 

けれどもまぁその日はセックスする気マンマンでしたから、そのまま帰るのももったいないかなと思い、一発ためしにヤることにしました。この時点で私は自分のほうが上の立場にあるように思ってしまっていたわけです。

 

ほとんど会話もなく彼女の家に上がりこみ、シャワーを浴びると、彼女は私にベッドに座るように言って、後ろ手に手錠をかけました。そして目隠しをされます。こりゃあいいや顔見なくてすむし。それにシチュエーション自体はかなり興奮します。私の息子はすでにギンギンでした。

 

やがて、何か柔らかい、ねっちょりとしたものに息子が包まれます。シュコシュコと音がします。オナホールに違いありません。そこから地獄のような時間が続きました。寸止めを10回くらい食らったと思ったら、イッたあともオナホを全力で動かします。気絶するかと思いましたね。

 

その後強制クンニご奉仕や騎乗位セックスと色々やりました。今ではすっかりHちゃんにほれ込んでいます。

YYCで出会ったJDに悪天候のなか家を訪ねたお礼に手コキされた話

ある平日のこと。その日悪天候でバイトが休みになった僕は、暇だなーと思いながら家でYYCを使っていました。すると僕と同じように、電車が動かなくてどこへも行けず暇だと日記に書いている女性を発見しました。

 

その方はYさんといい、僕と同い年の21歳です。今日友達と遊ぶ約束をしていたのが、大雨と強風のせいでダメになって暇しているのだとか。

 

住んでいるところが近かったので、僕は冗談半分に「家でたこやきパーティしません?」とメールを送りました。すると「いいね!」とYさんは言います。それでなんやかんやあって、最終的に彼女の部屋でたこやきを食べることになりました。

 

僕は大雨の中ずぶぬれになりながら、リュックにたこやきの道具を入れて出発し、材料を買って彼女の指定する場所へ行きました。着いたよとメールすると「ごめん家まで来てもらっていい?」とのこと。ふざけんなよと思いましたが、家の位置を教えてもらって、なんとかそこへたどり着きます。

 

彼女の家はオートロックのアパートでした。部屋に招き入れられ、とりあえずタオルを貸してもらい、服を干してもらい、シャワーまで貸してもらった僕。下着もずぶ濡れだったので、腰にタオル巻いてその状態でたこやきをやることになりました。なんだこれと思ったんですが、たこやきは美味しかったです。

 

残念ながらエッチをすることはできなかったのですが、家まで来てもらったお詫びとして彼女に手で抜いてもらいました。まぁ、苦労したかいがあったかな。

PCMAXで出会ったGカップ美女のブラウス越し胸コキで大量射精

PCMAXを使っていましたら、Gカップのグラマー美女を発見いたしました。

 

プロフィール写真には顔からしか写っていませんが、全体的にむっちりとしていていい感じです。その方のお名前はSさん、29歳。体が完全にドストライクだったのでメールをしてみたところ、交通費を弾んでほしいとの申し出がありました。まあこの体を好き放題できるならいいかと思ってこれを承諾。その日のうちに会うことになりました。

 

彼女は写真の通り、グラビアアイドルのような体をしておりました。もうすこしだけ痩せれば本当にグラビアやれそうな感じです。顔はそうでもなかったのですが、それはよしとしましょう。私たちは速攻ラブホテルへ行きました。

 

部屋に入ると、Sさんは「私マッサージ得意なんだ」と言います。ほうそういうパターンで来たか。私はにやつきながらパンツ一丁になり、ベッドにうつぶせになります。彼女はブラウスを腕まくりして、私の体をマッサージしていきました。

 

さすが、自信を持っているだけあって、指圧の加減がほどよく、体のこりが解きほぐされていくような感じがします。その後仰向けのマッサージに移行。正面から肩などをやってもらったあと、乳首攻めが始まります

 

彼女は私の乳首をいじりながら、大きな胸を勃起したペニスに押しつけてきました。ブラウス越しに裏筋をこしこしと擦られます。それが案外気持ちよくて、眺めも最高で、そのま直に触られてもいないのにブラウス越しの胸コキで発射してしまいました。その後エッチもして、良い一日でしたね。

出会い系で知り合った巨乳OLと酒を飲むもエッチお預け食らった話

ある金曜日のこと。飲み相手を探しているというOLさんを出会い系に発見した。彼女の名前はJさん、27歳。いつもの飲み友の都合がつかず急遽予定をキャンセルされて困っているそう。

 

俺はちょうどそのとき友達と遊んでいて、Jさんの近くにいた。やはり何をしていてもサイトをチェックするのは怠らないほうがいい。俺はJさんにメールして、返事が来たので、急用ができたと言って友達と別れ、彼女のもとに向かった。

 

Jさんは、可もなく不可もなくといった感じの女性だった。髪を後ろに結んでいて、顔がちょっとてかっているのが可愛い。ほっそりとしているわりには気持ち胸が大きいように感じた。めちゃくちゃ可愛いというわけじゃないけれど、このくらいの女の人と遊べるなら何も文句は言うまい。

 

俺らは近くの居酒屋に入って、たらふく酒を飲んだ。Jさんはけっこう明るい人で、こっちから話振らなくても勝手にバンバン喋ってくれるので楽だった。そいで俺らは酔っ払ってテンション上がりきった状態で店を出た。この流れなら行けると思ってホテルへ誘ってみると、Jさん「うーんどうしようかなぁ」と言う。

 

俺はお願いだから、マジ一回だけでいいからと押しまくったが、どうやら彼女は純粋に飲み友が欲しかっただけみたいだ。結局「今日は眠いから、こんどね」と言われてしまった。それ以来連絡をしても返事がない。もうちょっと誘い方を工夫していれば行けたかもしれないと思うと、悔しくてならない。女と飲むときはあまり酔い過ぎないようにしたほうがいいかもね

出会い系で知り合った攻め好きS痴女に騎乗位逆レイプされた話

僕が童貞だった頃の話です。大学に上がって、さすがにこのままじゃやばいと思った僕は、出会い系サイトに登録しました。何か自分でやらないと一生セックスできない気がしたんです。

 

悪質サイトに騙されたり色々あったんですけど、なんとかいいサイトに登録できて、そこを2ヶ月くらい使ったくらいですかね、ようやく僕と会ってくれるという人を見つけました。その人の名前はMさんで、僕よりも10個も年上のお姉さんでした。

 

僕は年上の女性が大好きなので、そのくらいの歳の差でも気にしません。向こうも年下の、それも経験の少ない人が好きだったみたいです。

 

待ち合わせ場所はとあるショッピングモールの三階でした。近くにアクセサリーショップなどがあります。行ってみると、教えてもらった服装通りのお姉さんが、ベンチに座って待っていました。ロングヘアーで、身長の高い、攻め好きそうなお姉さんでした。

 

顔は若干「惜しい」感じがするんですけれども、スタイルはかなりよかったです。足は細くて長いですし、おっぱいの膨らみもすごかったですね。

 

僕たちは挨拶を済ませて、最初からエッチをするという約束だったので、そのまま近くのラブホテルへ行きます。するとお姉さんは、僕に裸になるように言いました。そしてベッドに寝かせて、僕の首とか顔とか、乳首とかを執拗にベロベロと舐めてきます。そんな体験は初めてでしたが、もう息子が痛いくらいに硬くなりました。

 

セックスのときは騎乗位しかさせてもらえなかったですが、お姉さんに犯されるのって最高ですね。それ以来S痴女さんでしか興奮できなくなっちゃいました。

ハピメの欲求不満主婦と会う予定がキープのJDのほうが可愛くて……

なんとなくハピメで遊んでいたら、欲求不満らしい奥様を発見。セックスがしたくてたまらないそうです。年齢は36で、写真を見ると若干太いけれど、まぁセックスできなくはないくらい。ただ問題は、その人の住んでるのが別の県だったこと。俺は東京に住んでて、奥様は千葉だった。

 

正直言って、千葉のほうまで出て行くのは面倒だ。でもセックスはしたい。どうするか。結局俺はセックスのほうを選んだ。ヤりたいときにヤらせてくれる女って中々見つからないからね。

 

メールをすると、30分後くらいに返事が来た。「私千葉だけど大丈夫なんですか?」とのこと。「ぜんぜん余裕ですよー」と嘘ついて、俺は早速千葉へ向けて出発した。休日の朝10時から何本も電車乗り継いで遠出するなんて初めてのことだった。

 

これでもしドタキャンされたらと思うと不安だったので、別の女にもメール入れてみる。適当に送りまくっていたんだが、ひとり返事をくれたのがいて、これが奥さんより可愛いんだな。女子大生で、可愛いって言っても奥さんに比べればの話なんだけどね。

 

俺は迷ったが、やっぱりこちらも慈善事業ではないので、その女子大生ちゃんを優先することに。待ち合わせ場所へ行ってみると、彼女が待っていたので、そのままデートに行った。奥さんごめんなさい。

 

で、千葉で色々遊んでいたんだが、帰るのが面倒だったので現地に泊まることに。ホテル教えてもらって、彼女を半ば強引に誘って二人でチェックイン。ちゃっかりセックスしちゃいましたとさ。たまには遠出もいいもんですわ。

出会い系で知り合ったむっちり太ももエロ娘がポイントバッカーだった件

ある出会い系サイトを利用していたときのことです。私のもとに1通のメールが届きました。その人物の名前はひより、19歳です。プロフィール写真にはカメラに向かって足を開いた女の子の姿が写っています。ホットパンツを穿いているので下着は見えませんが、太ももがむっちりとしていて抜群にエロい。

 

彼女から届いたメールには、「今までエッチをしたことがない」と書かれていました。なので教えてほしいそうです。こんなにスタイルの良い子とセックスができるなんて、夢のようです。私はすぐにメールを返しました。

 

そうしてしばらくやりとりをして、主に恋愛のことなどを話しておりました。そろそろいいだろうと思って連絡先を訊いてみると、「不安だからもうちょっと仲良くなってからがいい」とのこと。そりゃあそうだよな、男の人とエッチしたことないんだし。私はひとり納得し、彼女とメールを続けました。

 

けれども、3日経とうと、1週間経とうと、彼女は連絡先を教えてくれません。これはさすがにおかしいと思って、「サクラなの?」とメールを送ったところブロックされてしまいました

 

おそらく彼女はサクラではなく、ポイントバッカーだったんだと思います。気づいてみれば、彼女と話すのに3000円近く投じておりました。出会い系サイトで、自分の体をアップしている子、可愛すぎるくらいに可愛い子には要注意ですね。勉強になりました。これからは甘い言葉に騙されないように気をつけたいと思います。

1 2 3 44
本当にセフレに出会えるサイト
カテゴリー
最近の投稿